法人税の税収が6,560億円増加!

国税庁より、平成22事務年度(平成22年4月1日から平成23年3月31日)の法人税の事績について発表がありました。
法人税の申告件数は、2百76万2千件で、前年より2万4千件減少でしたが、法人の所得金額が2兆3千5百26億円増えました。
それに伴って、法人税が6千5百60億円増えたことになります。
黒字申告の割合が25.2%で過去最低、75.8%の企業が利益を計上できず。
25.2%の企業が利益を計上し、昨年より約2兆3千億円の所得を増やしたことになります。
がんばろう!日本、がんばろう!中小企業。

TOPICS: