第423条(役員等の株式会社に対する損害賠償責任)

1 取締役、会計参与、監査役、執行役又は会計監査人(以下『役員等』という。)は、その任務を怠ったときは、株式会社に対し、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。
2 取締役又は執行役が第356条(競業及び利益相反取引の制限)第1項(第419条第2項(執行役の監査委員会に対する報告義務等)において準用する場合を含む。以下、この項において同じ)の規程に違反して第356条第1項第1号(競業行為)の取引をしたときは、その取引によって取締役、執行役又は第三者が得た利益の額は、前項の損害の額と推定する。
3 第356条第1項第2号又は第3号(自己取引および利益相反取引)(これらの規定を第419条第2項の規定において準用する場合を含む。)の取引によって株式会社に損害が生じたときは、次に掲げる取締役又は執行役は、その任務を怠ったものと推定する。
一 第356条第1項の取締役又は執行役
二 株式会社がその取引をすることを決定した取締役又は執行役
三 その取引に関する取締役会の承認の決議に賛成した取締役

法律: