平成21年度の不服申立の概要

国税庁は、平成21年度の不服申し立ての概要を発表した。

不服申立とは、税務署長等が行った更正・決定などの課税処分、差押えなどの滞納処分等に不服があるときは、その処分に不服のある人が、その処分の取消しや変更を求める申し立てができる制度です。平成21年度は、4,795件(前年度5,359件)で、前年比89%です。各税目別では、不況を反映してか徴収関係が859件で前年比113%。相続贈与関係が352件で前年比123%となっています。そのほかの税目は減っています。

 

TOPICS: