税務調査

 税務調査で困ったときには、国税庁の税務運営方針が、意外と使えます。

この税務運営方針は、昭和51年4月1日に発表されたものです。しかし、この税務運営の基本的考え方は修正されていませんので、現在でもこの考え方は生きています。先進国で唯一、納税者権利憲章を持たない日本という国では、それに代わる(?)唯一のものといえるでしょう。使えそうな部分だけを書き出してみました。

 

税務運営方針

1 税務運営の基本的考え方

 租税は、国民が生活を営んでいく上で必要な公共的経費にあてるため、各自が負担するものである。

 税務行政の使命は、税法を適正に執行し、租税収入を円滑に確保することにあるが、申告納税制度の下における税務行政運営の課題は、納税者の全てがこのような租税の意義を認識し、適正な申告と納税を行うことにより、、自主的に納税ぐむを遂行するようにすることである。税務運営においては、この課題の達成を究極の目的として、その基本としなければならない。
このように、申告納税制度の下では納税者自らが積極的に納税義務を遂行することが必要であるが、そのためには、税務当局が納税者を援助し、指導することが必要であり、我々は、常に納税者と一体となって税務を運営していく心がけを持たなければならない。
また、納税者と一体となって税務を運営していくには、税務官庁を納税者にとって近づきやすいところとしなければならない。そのためには、納税者に対して親切な態度で接し、不便をかけないように努めるとともに、納税者の苦情あるいは不満は積極的に解決するよう努めなければならない。また、納税者の主張に十分耳を傾け、いやしくも一方的であるという批判を受けることがないよう、細心の注意を払わなければならない。

 このような理念に立って、税務運営の基本的考え方を示すと、次のとおりである。

(1) 納税者が自ら進んで適正な申告と納税を行うような体制にすること・・・・近づきやすい税務署にすること。

 納税者が自ら進んで適正な申告と納税を行うようになるには、納税者が租税の意義を理解し、その義務を自覚するとともに、税法を理解し、正しい計算のために記帳方法などの知識を持つことが必要である。このため、広報、説明会、税務相談などを通じて、納税者についての理解を深め、税法等の知識を普及するとともに、記帳慣習を育成することに努める。特に課税標準の調査に当たっては事実関係を的確に把握し、納税者の誤りを是正しなければならないことはもちろんであるが、単にそれにとどまらないで、それを契機に、納税者が税務知識を深め、さらに進んで納税意識をも高めるように努めなければならない。

 

(2) 適正な課税の実現に努力すること

 

(3) 綱紀を正し、明るく、能率的な職場をつくること。

 

事務運営に当たっての共通の重要事項

(1)調査と指導の一体化

(2)広報活動の積極化

(3)税務相談活動の充実

(4)納税者に対する応接

 税務という仕事の性質上、納税者は、税務官庁をともすれば敷居の高いところと考えがちであるから、税務に従事するものとしては、納税者のこのような心理をよく理解して、納税者に接することが必要である。
このため、税務署の案内や面接の施設の改善に努め、納税者が気楽に税務相談にくることができるよう配慮するとともに、窓口事務については、納税者を迎えるという気持ちになって、いっそうの改善に努める。また、国税局の税務相談室及び税務の相談日がより一層利用されるようにする。
なお、納税者に来所を求めたり、資料の提出を求めたりする場合においても、できるだけ納税者に迷惑をかけないように注意する。

 納税者の主張には十分耳を傾けるとともに、法令や通達の内容等は分かりやすく説明し、また、納税者の利益となり事項を進んで知らせる心構えが大切である。

 税務行政に対する苦情あるいは批判については、職員の全てが常に注意を払い、改めるべきものは速やかに改めるとともに、説明や回答を必要とする場合には、直ちに適切な説明や回答を行いよう配慮する。

(5)不服申し立て事案の適切かつ迅速な処理

(6)部内相互の連絡の緊密化

第2 各論

1 直税関係

 

(1) 直税事務運営の目標と共通の重点施策

ハ 調査方法等の改善

税務調査は、その公益的必要性と納税者の私的利益の保護との衡量において社会通念上相当と認められる範囲内で、納税者の理解と協力を得て行うものであることを照らし、一般の調査においては、事前通知の励行に努め、また、現況調査は必要最小限度にとどめ、反面調査は客観的に見てやむを得ないと認められる場合に限って行うこととする。

なお、納税者との接触に当たっては、納税者に当局の考え方を適格に伝達し、無用の心理的負担をかけないようにするため、納税者に送付する文書の形式、文章等をできるだけ平易適切なものとする。

 

 

TOPICS: