税理士とは

税理士とは、いったいどんな職業で、どんなことをしてくれる人でしょうか?

税理士とは

法1条によれば、

税務に関する専門家として、独立した公正な立場において、申告納税制度の理念に沿って、納税義務者の信頼に応え、租税に関する法令に規定された納税義務の適正な実現を図ることを使命とする。とあります。

 

日本税理士連合会によれば、

暮らしのパートナーとして   身近にいつでも相談できる親しい税理士を見つけておくことも生活の知恵です。

公平な税負担により、住みやすい豊かな暮らしを守る。これが、社会的使命です。

税の専門家として納税者が自らの所得を計算し、納税額を算出する申告納税制度の推進の役割を担います。

税理士とは何をする専門家?

法2条によれば、

税理士は、他人の求めに応じ、租税に関し次に掲げる事務を行うことを業とする。

  • 税務代理
  • 税務書類の作成
  • 税務相談
  • 上記の業務に付随して、財務書類の作成、会計帳簿の記帳の代行

訴訟代理人とともに出頭し、陳述することができる。

税理士連合会によると

税務代理・・・あなたを代理して、確定申告、青色申告の承認申請、税務調査の立会い、税務署の更正・決定に不服がある場合の申立てなどを行います。

税務書類の作成・・・あなたに代わって、確定申告書、相続税申告書、青色申告承認申請書、その他税務署などに提出する書類を作成します。

税務相談・・・あなたが税金で困ったとき、わからないとき、知りたいとき、ご相談に応じます。「事前」のご相談が有効です。

電子申告の代理送信・・・あなたの依頼で電子申告を利用して申告書を代理送信することができます。この場合には、あなた自身の電子証明書は不要です。

会計業務・・・税理士業務に付随して財務書類の作成、会計帳簿の記帳代行、その他財務に関する業務を行います。

補佐人として・・・税務訴訟において納税者の正当な権利、利益の救済を援助するため、補佐人として、弁護士である訴訟代理人とともに裁判所に出頭し、陳述(出廷陳述)します。

会計参与として・・・中小の株式会社の計算関係書類の記載の正確さに対する信頼を高めるため、会計参与として、取締役と共同して、計算関係書類を作成します。「会計参与」は株式会社の役員です。

会社法においては・・・現物出資にかかる評価証明者として

地方自治法においては・・・都道府県や市町村における税金の使途をチェックする外部監査人として

政治資金規正法においては・・・「国会議員関係政治団体」の政治資金監査を行う登録政治資金監査人として(平成21年分の収支報告から)

地方独立行政法人法においては・・・地方独立行政法人の業務を監査する監事として

中小企業経営承継円滑化法においては・・・遺留分算定に係る合意価額の証明者として

税理士となるには

  • 税理士試験に合格した者であること
  • 税理士試験を免除された者であること
  • 弁護士(弁護士となる資格を有する者を含む。)
  • 公認会計士(公認会計士となる資格を有する者を含む。) のいずれかに該当しなければなりません。

その上で、日本税理士会連合会に備え付ける税理士名簿に登録し、税理士会に入会して業務を行っています。

TOPICS: