租税に関する罰則(平成22年税制改正)

租税の罰則規定が、改正されました。

  (平成22年6月1日以降の違反行為に適用)
 『納税者の立場に立って「公平・透明・納得」の三原則を常に基本とする』との新政権下の改革の基本的な考え方により、脱税犯、秩序犯に対する罰則が強化され、適用範囲が拡大されました。
 また、税務職員の守秘義務違反に対する罰則も強化され、国税通則法に統一的な罰則規定が制定されました。
 意外に(?)租税犯への刑罰は厳しいものです。
 みなさま、どうぞ適切な申告・納税を!