日本版ISA(平成22年税制改正)

税制改正において、日本版ISAが設けられました。

日本人は貯蓄率が高いのは有名な話。
 でも、10年ちょっと前から貯金より株にお金が流れるように、株式の取得への優遇措置がいろいろと講じられています。
 その最新版がこちら。
【上場株式の非課税口座(日本版ISA、平成24年1月1日~)】

 現在、上場株式等に対する10%の軽減税率が適用されていますが、この軽減税率は平成23年12月31日までとなっており、平成24年1月1日~は20%の税率に戻ります。そこで、今後も「貯蓄から投資へ」の政策により、個人の株式市場への参加を促進するため、「非課税口座」内の少額の上場株式等の配当・譲渡益には税金がかからない制度が創設されます。
具体的には、以下のような制度となります。
(1)非課税口座
 ①非課税口座とは

「非課税口座」とは、1月1日に満20歳以上の個人投資家が、証券会社等に、平成24年平成26年の各年において設定する口座(1人について1年1口座限定)をいいます。

 ②受け入れできる株式等 非課税口座には、設定日からその年の12月31日までの間に、非課税口座のある証券会社等を通して購入した100万円以下の上場株式と、その株式の法人の合併等による株式のみを受け入れることができます。

 ③対象となる上場株式 非課税口座内の上場株式等として認められるものは、現行の10%軽減税率の対象となっている上場株式等と同様とされています。

(2)配当の非課税 個人投資家が証券会社等に開設した非課税口座内の上場株式等の配当で、開設した年の1月1日から10年以内に受け取るものについては、所得税及び住民税がかかりません。

(3)譲渡益の非課税
個人投資家が、非課税口座の開設の年の1月1日から10年以内にその非課税口座内の上場株式等を、証券会社等への委託等により譲渡した場合には、その譲渡益には所得税及び住民税がかかりません。
逆に、非課税口座内の上場株式等の譲渡損は、ないものとみなされます。
以上をまとめると、平成24年~平成26年までの3年間の各年に、①毎年1つの非課税口座を証券会社等に開設し、②その口座を開設した証券会社等で100万円以下の上場株式等を購入した場合(100万円×3年間で合計300万円以下)、③その後10年間にその口座の上場株式等から生ずる配当や譲渡益には税金がかかりません。
つまり、非課税口座内で上場株式等を10万円で買って、10年以内に100万円で売った場合には、譲渡益90万円と、それまでに受け取る配当に税金がかからないのです。